FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバウンドについて

よくリバウンドって聞くけれど、ボク自身はダイエットをしていた人が、我慢できなくなってそれまでの分をまるで取り返すために無茶食いするからそうなちゃうのかな~と思っていました。

ところが、ネットで記事を見てみるとリバウンドも科学的に根拠があるんですね。

読んだ記事の一部をご紹介しますね。

リバウンドとは

ダイエットをやめた後に、体重がダイエット前、またはそれ以上に増えてしまう現象です。

日本人のダイエット経験者のうち、なんと60%以上がリバウンドしていると言われています。

そしてダイエットしてリバウンドするのを繰り返していると、逆に太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。


リバウンドのメカニズム

では、なぜリバウンドしてしまうのでしょうか?リバウンドが起こる2つの大きな原因があります。

リバウンドの原因1:ホメオスタシスと停滞期

食事制限によるダイエットを行っていると、スタートし始めは順調に体重が減るのですが、ある時期(停滞期)になると体重が中々減らなくなります。約1ヶ月ほど続く場合もあります。

この停滞期の原因は「ホメオスタシス」という体の機能にあります。

ホメオスタシスは、体に少量のエネルギーしか入ってこない場合、エネルギー消費を減少させて体を維持する機能のこと。

ダイエット中にホメオスタシスの機能が働くと、食事の量にともなってエネルギー消費量も減少するため、それ以上体重が減らなくなるのです。

そして停滞期にダイエットを諦めた場合でも、このホメオスタシスは機能し続けています。

ですから食事の量を元に戻したとしても、エネルギー消費が以前より減少しているので、余分な脂肪が蓄積されることになります。

リバウンドの原因2:レプチンの量と満腹感

ダイエットをしていると、満腹感に変化が出てきます。

「レプチン」とは、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されて、脳の満腹中枢を刺激する物質です。ダイエット中に食事を減らしていると、レプチンの分泌量も減ってきます。

そしてダイエットを中断し食事の量を元に戻した場合、レプチンの量も変化するのですが、これが適正量に戻るためには、約1ヶ月の時間がかかるのです。

つまり、1ヶ月は食事の量を元に戻してもレプチンの量が少ないため満腹感を得られず、かえって食べ過ぎてしまうのです。

ということで何やら難しいですが、リバウンドっていうのは確かにある現象なんですね。

それで肝心なのは、リバウンドを起こさずにダイエットを成功させるためには、いったいどうすればいいのか?

1:ホメオスタシスを働かせない!

ホメオスタシスは、1ヶ月に5%以上体重が減少すると、最大限に働く仕組みになっています。短期間で急激な減量をせず、5%以内の体重減少を心がけましょう。

2:レプチンをセットする!
レプチンの量をセットするためには、最低1ヶ月必要です。つまり減少した体重を1ヶ月間維持すれば、レプチンの分泌量が減り、減った状態を維持できます。停滞期に入っても1ヶ月間はダイエットを諦めずに続ければ、リバウンドは防止できます。

短期間に焦ってダイエットするよりも、ある程度の期間を考えてダイエットする方が、リバウンドのことから考えてもいいみたいですね。



スポンサーサイト
プロフィール

親G99

Author:親G99
Powerd by
igosso似顔絵アバター


ダイエット・健康グッズ専門格安通販」店長の親G99です。



ダイエット・健康グッズの人気商品をご紹介しています。



自身もダイエット経験者で体重80kgから66kgへ-14kgのダイエットに成功し、今もチャレンジ中です!



激励よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
ADgger
ブログのためのアフィリエイト
アクセスカウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。